ノーローンでキャッシングする時利用できる提携ATMってどこ?

ノーローンでキャッシングする時利用できる提携ATMってどこ?

1週間無利息キャッシングで有名なノーローンを利用したいと思っていますが、借入や返済ができる提携銀行ATMってどこなんでしょうか?素早く利用すれば利息なしで済みますから、最寄りのATMで借入・返済したいんです。

さまざまな銀行ATMと提携しています

1週間限定とは言え、無利息でキャッシングできたら嬉しいですものね。ノーローンに注目した質問者さんの目の付け所はなかなかのものだと思います。ノーローンは様々な銀行と提携していますので、いろいろな銀行ATMを利用することが可能です。利用できる銀行ATMは以下の通りです。

◆新生銀行ATM
◆新生銀行レイクATM
◆セブン銀行
◆イオン銀行
◆E-net(ファミマ、ミニストップ、サンクス等ATM)
◆ローソンATM
◆セゾンカードATM
◆その他地方銀行ATM

これだけの銀行ATMを利用して借入・返済ができますから、家の近くに何らかのATMはあるでしょう。提携銀行ATMという観点から見ると、ノーローンの利便性はかなり高い方だと言えます。ただし、気を付けたいのはATM手数料。

基本的に、提携ATMを利用するとATM手数料がかかります。1万円以下の利用時には108円、1万円超の利用時には216円の手数料となります。1,2回の利用ならさほど気にならないかもしれませんが、何回も利用すると手数料代がバカにならないですよね。

そこで、おすすめしたいのが、ATM手数料無料のATMを利用することです。上で挙げた提携銀行ATMの中で唯一手数料無料なのが、◆新生銀行レイクATMです。ノーローンは新生銀行フィナンシャルグループが100%出資する金融会社。だから、新生銀行レイクを利用してもATM手数料がかからないようです。

家の近くにレイクATMはありませんか?ガソリン代をかけて遠くまで行くようなことはしないで下さいね。それだったら最寄りのATMで手数料払った方が安く、時間も節約できます。しかし、家の近くにレイクATMがあるのでしたら、是が非でもレイクATMを利用しましょう。

ATM手数料は最低でも108円かかります。10回の利用で1080円、100回で10800円かかるということですから、手数料代はホントばかになりません。レイクATMを利用して手数料代金を節約しましょう。

提携銀行やコンビニでも利用できるノーローンのキャッシング

通常は収入の中でなんとかやりとりをする人であっても、複数の料金の支払いが一度に重なると、銀行口座の残高が不足することがあります。給料日の1週間前にそのような状況に陥ると、思わず給料の前借りをしたくなりますが、会社が前借りを受け入れてくれるとは限りません。

このような場面でとても役立つのがキャッシングサービスで、その中でも特に魅力的なのがノーローンの1週間無利息キャッシングです。このサービスでは、借入残高が0の状態からの借入については1週間利息が付きません。従って、給料日の1週間前に借入をしても給料日に返済をすれば一切利息を支払いがなく、同じことを何度でも繰り返せます。

ノーローンのキャッシングの融資限度額は1万円~300万円で、実質年利は4.9%~18.0%です。担保や保証人は不要で、20歳~69歳までの安定した収入のある人であれば、誰でも申し込むことができます。インターネットを利用して取引ができる上、キャッシング用のカードを持っていれば、提携銀行やコンビニのATMでの取引も可能です。

借入をすれば当然返済をしなければなりませんが、返済方式として借入金額スライドリボルビング方式というものを適用しています。この方式では、借入金額に応じた最少返済額を毎月必ず返済しますが、もし返済が滞れば遅延損害金として年利20.0%の負担になるので注意が必要です。もちろん、毎月の最少返済額の返済以外に、随時返済を行うことも可能で、できる限り多くの随時返済をした方が得であることは言うまでもありません。

ノーローンのキャッシングを利用するには、まずはインターネットや電話で申し込みをする必要がありますが、手続きは非常に簡単です。契約までが全て順調に進めば、その日のうちに振込みまでを済ませることもできます。銀行やコンビニでの返済を活用し、借りたら1週間で返済することさえ心掛けていれば、利息は全く支払わなくて良い非常に魅力的なサービスです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 ※諦めないで※どこも貸してくれないとお嘆きの方の為の金融紹介 All Rights Reserved.